当社主催イベント

ディスプレイウェビナー(第5回)

東レリサーチセンターは、長年培った様々な材料の分析経験に加えて、最新鋭装置の積極的導入により、ディスプレイ分野のお客様の課題解決をサポートさせていただいております。
本ウェビナーでは、研究開発の推進、課題解決の一助となる分析手法のご提案として、以下の内容をご紹介いたします。

  1. 弊社で開発いたしました同位体マーカーを用いたデバイス中の水分拡散挙動の解析事例
  2. 有機ELと基本構成が似ている太陽電池の各種分析事例
  3. OPERA Solutions㈱との業務提携により実現したソリューションサービスについて


※弊社と同業の分析会社の方の参加はお断りさせていただいております。

【推奨ブラウザ】
・Firefox(Mozilla) 最新版
・Chrome(Google) 最新版
・Edge(Microsoft) 最新版

※推奨ブラウザ以外をご利用いただいた場合、動画がご覧いただけない可能性がございます。
開催期間 2021年9月7日~9月22日
開催形式 オンライン形式(無料)

1

封止材中の水分拡散評価


OLEDデバイスは水分によるダメージを受けやすいため、デバイス中の水分拡散挙動の詳細な解析が求められています。 弊社では、長年、同位体マーカーを用いた評価手法を開発してきました。この方法であれば、実デバイスにおいても、水分がどこのパスを通ってどこまで侵入したのかを評価することが可能です。今回は、封止材における解析例を中心にご紹介させて頂きます。

関連資料
  • ◇封止樹脂の水分バリア性評価
  • ◇同位体マーカを用いた封止性能評価
  • ◇重水加湿試験による半導体材料の吸湿性評価
  • ◇重水加湿処理とSIMSを用いた水の拡散係数評価


2

混合カチオン系ペロブスカイト型太陽電池の評価


次世代の混合カチオン系ペロブスカイト型太陽電池についてアニール処理による光吸収層の変化を把握するため、表面形態及び断面形態観察・結晶構造評価・拡がり抵抗測定の結果をご紹介します。加えて、最新装置のACOM-TEM法を用いて、最高2 nmの空間分解能で結晶構造・結晶方位をマッピングした事例をご紹介させて頂きます。

関連資料
  • ◇ペロブスカイト型太陽電池光吸収層材料の組成・不純物分析
  • ◇ペロブスカイト型太陽電池の熱処理による特性向上の分析評価
  • ◇ペロブスカイト型太陽電池における深さ方向の元素及び有機物分析


3

OPERA Solutions㈱との提携による新ソリューションビジネス 提案


この度、OPERA Solutions㈱と提携し、ご提供できるソリューションの幅が広がりました。分析のプロフェッショナルとOLEDのプロフェッショナルがそれぞれの強みを生かして、お客様の課題解決をサポートします。本講演ではどのような課題解決が出来るのか、具体的な事例をご紹介させて頂きます。

関連資料
  • ◇TRC&OS joint for consumer electronics
  • ◇TRC&OS joint for matrials providors
  • ◇TRC&OS joint for panel manufacturers