総合コンサルティングパッケージ

東レリサーチセンターでは、創業以来、年間100件を超える課題解決型の総合分析を提案・受託してきた実績がございます。このたび、その経験を活かし、多くの企業様のお役に立ちたいという思いで、“Solution@TRC”というパッケージを立ち上げました。一般の分析ご依頼から更に踏み込み、課題解決策に結び付けます。ぜひ、皆様の研究・開発にお役立てください。


こんな場合に

  • 慢性的な課題を解決したい。
  • 新しいものづくりのために、分析を効率的・効果的に利⽤したい。
  • 突発的なトラブルを短期集中で解決したい。
  • 分析結果を、ものづくりにどう反映させればいいのかわからない。
  • 国プロへの共同参画および先導調査 など

いままでの分析依頼と何が違うの?


Solution@TRC

実施期間:3~6か月

お問い合わせ
事前打合内容のご協議
企画書立案見積書提出
ご契約
分析・解析
中間報告 + 見直し
分析・解析
中間報告 + 見直し
分析・解析
最終報告会
報告書提出

従来型の個別依頼

実施期間:数週間

お問い合わせ
見積書提出
ご契約
分析 ・解析
報告書提出

実績・実施例

Card image cap
01  接着性向上

積層材料で膨れが発生し、原因を究明したいとの問い合わせを頂きました。膨れ部を特定した後、各種分析を実施した結果、ある層から別の層への添加剤の移行が確認され、この移行した添加剤の熱分解を膨れの原因と推定し、対策として、特定層中に含まれる添加剤の熱分解抑制処方を提案、トラブル解消に寄与しました。

Card image cap
02  工程トラブル

樹脂製品について、ある時期から不良品の発生頻度が高まり、分析の問い合わせを頂きました。使用後の樹脂金型の分析から本来原料に含まれていない化合物が検出され、原料の分析を実施しましたが、差異は見出されず、製造工程の不具合が考えられました。分析結果をもとに、検出された化合物の生成機構を推定し、更にお客様と共同で製造プロセスを精査する事で、製造装置の仕様変更に伴う、ある製造工程の雰囲気ガスがトラブル発生の原因との結論に至り、装置仕様の改善をご提案し、大幅な不良率低減に貢献しました。

Card image cap
03  変色

樹脂で変色が発生し、原因究明のお問い合わせを頂きました。分析の結果、樹脂自体の劣化は無く、酸化防止剤として添加されていた化合物の変性が確認され、お客様の方で酸化防止剤の見直しを実施された結果、変色の改善に至りました。

Card image cap
04  異物

樹脂中に黒色の異物が発生するという問い合わせを頂きました。 お客様は製造装置配管に使用している金属の可能性を疑っておられましたが、分析の結果、樹脂原料製造に使用している触媒に起因する化合物である事が明らかになりました。分析結果を基に、お客様に触媒の改善指針をご提案し、お客様の方で新たな触媒を開発され、異物トラブルの解決に繋がりました。

 ここで紹介した事例は、すべて秘密事項を伏せた上でお客様の同意を得て掲載しております。お客様のご承諾なく弊社がご依頼内容を公開することはございません。

機密保持契約の詳細については、こちらの約款をご覧ください。 

パッケージ概要

お客様の課題の内容によりますので、まずはご相談ください。

(目安) 期間:3か月 300万円~ 期間:3~6か月

お問い合わせ先

フリーダイヤル0120-95-2186 0120-95-2186
bunseki@trc.toray.co.jp